2009年03月25日

桜の樹の下

すごく感激しました。この絵とても気に入りました。
さらさん、ありがとうございます。

桜の樹の下 powerd by ピアプロ

(追記)
うはっ! 他にも描いて下さっていたんですね! ! とてもうれしいです。

ごはんたべにいこうよ! powerd by ピアプロ
posted by irijako at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

「冒涜」(ルカオリジナル曲)

ルカを使ってまたちょっとした曲を作りました。今度はオリジナルです。0310さん(http://piapro.jp/suzuki00)が素敵な絵を描いてくださいました。
行きあたりばったりで作って行ったので、何だかよくわからない曲になってしまって、ちょっと反省。






Creative Commons License


posted by irijako at 11:38| Comment(5) | TrackBack(0) | mp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

ルカを巡る箇条書

・ミクはロックだ。ソフトがアニメ声で歌う音楽はそれ自体、既存の「かっこいい音楽」に対する挑発的表現でもある。

・ルカは人間の声に歩み寄っている。その分媚びとも取れる。

・ルカは電子音楽で用いるにはどうも有機的すぎる。電子音楽でルカを歌わせるにはもっと無機的に歌わせた上、エフェクト処理を施す必要があるようだ。
・これは人間の歌声についても同じことが当てはまる。人間が電子音楽で歌う時には無機的に歌わなければならない。素のルカよりも無機的に歌わなくてはいけないし、エフェクト処理を施す必要がある。
- なぜ無機的に歌わなければならないのか? 民謡歌手のように徹底的にコントロールされた有機的な歌い方はまたそれはそれでフィットするように思う。コントロールされていない、無意識的なこぶしみたいなのが、とても相性が悪い。声だけが「コントロールされていない」ことが目立つように思う。
・つまり無機的に歌うルカと無機的に歌う人間と言うのはどっこいどっこいである。エフェクト処理を施すと、おそらくほとんど区別がつかないようにすることも可能である。
・この人間テクノボイスもどきボカロを用いることで、おそらくそれが人かボカロか、と言うことは音楽自体からは不問にできる。その意味においてはルカを用いることは十分戦略的と言える。

・では逆に歌っているのが人間である事実と言うのはどれだけ意味のあることなのか? と言う問題が出てくる。
・次に、ボカロを人間の歌声に似せる必要ははたしてあるのか、と言う問題がある。
・歌とは何か? なぜサックスやファズギターでなくて歌なのか?
・どこから歌でどこから楽器音なのか?
・歌はセクシャリティの問題と分離できない。
- ちなみに僕自身は女性の歌声に関してどうも男性の歌声よりも選り好みが激しいように思う。女性のコントロールされていないこぶしを聴くとむしずが走ったりするのは、やはり異性の声に対してはより敏感になるからだろうか? 素のルカの歌い方はどうも僕のタイプじゃないみたいだ。最初、声がいいと思うのだが、付き合っているうちに破局に至りそうな感じ。ルカの配慮ないこぶしを聞いていると浅はかな印象を持ってしまうのである。そんなルカでも精一杯抑制して、エフェクト処理を施してやった歌声は初めて好きに思った。己れを知ってコントロールしている様子に好感を抱いた感じである。けだるい、ぶっきらぼうな、アンニュイなルカは好きかも。
- 100人の人に歌ってもらったとして、そのうちにどれだけいいと思う人がいるか? 思い描くような理想の歌い方をする人がどれだけいるか? 拒絶しなければならない歌い方をする人がどれだけいるか? 自分の理想ではないけど、許容できる、個性として尊重できる歌い方をする人はどれだけいるか?
- ミクもルカも自分の100%理想ではないけれども、許容できる。個性として尊重できる範囲の歌い方をしてくれる。僕はミクのアニメ声が嫌いだし、ルカのこぶしも嫌いだ。でも許せる。許せる度合は、今はたぶんミクの方が高い。

うーん…とりとめないメモですみません。自分でもよくわかっていないことがよくわかりました。考えがまとまったら書き直してみようと思っています。
posted by irijako at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

愛の洗脳者(ルカ版)

とりあえずこれ上げてみました。クールな絵はサンパチさんです。(日付的なものは、はい、偶然です。そこまでは気が回りませんでしたw 期待してくださっていたらすみません。でも何だか嬉しいですね。) い ま さ ら の焼直しなのですが、実際やってみるとボカロについて、人の声について、セクシャリティについて、いろいろ考えさせられて勉強になりました。ボカロシーンの外を意識して背伸びした感じでしょうか。路線的にはかなりブレてるかも知れないですね。いったい何がしたいのかまた自問してみます。

※smilevideo 113人待ちのバカ混みでした。






Creative Commons License
posted by irijako at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | mp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ルカは人間的過ぎ

ミクがTR-808だとしたら、ルカは909通り越してリンドラムくらいの感じで人間に近いかも。

まるでUAみたいなセクシーでチルな声になりますね。
UAは大好きなので、それはいいんですけどね。

でも、予想だにしなかったのだけれども、こんなに人に似過ぎていると、かえって僕の表現したいものには向いていないかも知れない。
ミクは中性的だったけど、ルカはまさに"I'm a woman."と言う感じの声なんですよ。
女性のアイデンティティとどう向き合うのかと言う問題を避けて通れないような気がしています。




続きを読む
posted by irijako at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。