2008年06月23日

いりじゃこファーストアルバム「がらんどうで祈りを」ネットリリース

先日触れていたアルバムの件ですが、機材さんの曲のビデオなどで有名なボカロ界人気イラストレーター、三月八日さん(http://www.piapro.jp/sanpati)の多大なるお力を得て、めでたく実現することができましたので、こちらにて発表させて頂きます。ジャジャーン ぱちぱちぱち!!!

アルバムタイトルは現在のブログタイトルと同じ「がらんどうで祈りを」。(これ、ややこしいのでブログタイトルは近々変更しますね。)

音楽はいりじゃこ。カバーデザインは三月八日さん。

三月八日さんはボカロ界隈でも可愛いだけじゃない、深く心に訴えかける絵を描かれる希有なお方。私の度重なるわがままにも我慢強くお付き合いくださって、自分の音楽にはもったいない素敵なカバーを作って下さいました。

FrontCover.png

BackCover.png

ジャケットは表と裏の二枚があり、表ジャケットには三月八日さんによる素敵な少女のイラストが配されています(三月八日さんに確認したところ、これは某ボカロを表したものではないとのことです)。三月八日さんによれば、この絵は叫びを表現したものなのだそうで、どこか昔の少女漫画を思い起こさせる雰囲気は、私が表現したかった音楽のコンセプトにぴったり合っていると思います。なお、裏ジャケットは三月八日さんに無理を申し上げて作成して頂いたもので、収録曲名、著作権者、およびライセンス(クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.1 日本)について記されていますので、二次配布される方はこれをいっしょに添付して下さいますと手間が省かれて便利かと思います。

なお三月八日さんが印刷に便利なPDFを作成して下さいましたので、印刷される方はどうぞご利用ください。AlbumCover.pdf

収録曲は順に

水底の私


回路


愛の洗脳者


ちょい鬱の夜


旅立ち


嘘で固めた世界


夢の細道


オツカレ


の8曲です。ファイルフォーマットは mp3 192 kbs なので、過去のバージョンよりも若干音質が上です。また、最後の3曲を除いて多少〜大幅にミックスを変えてあります。その結果だいぶロック色が強くなったんじゃないかと思います。

ダウンロードしてiTunesなどに入れてお楽しみください。コメント欄とかでご感想とか頂けると幸いです。(感想ノートみたいなつもりで絵の変わらない動画を上げるかも知れませんし、やっぱり上げないかも知れません。)

なお、この作品の派生物をお作りになられた方がもしおられましたら、ご一報くださるとうれしく思います。

(6/24 追記) コメント欄にてあすなろ様からリクエストを頂きました歌詞カードをPDF書類にて作成致しました。
がらんどうで祈りを歌詞カード
PDFですが、フォントの欠落等表示に問題がありましたら教えて頂けますと幸いです。


Creative Commons License
この記事へのコメント
アルバム完成おめでとうございます!
さっそくitunesに突っ込みました^^
Posted by ぎと at 2008年06月23日 01:01
おお、早い!
ありがとうございます!! 速攻でiTunesに入れて頂いてうれしいです。

自己満足に多くの人を巻き添えにしてスミマセンw
Posted by いりじゃこ at 2008年06月23日 02:03
きいた!とりあえずお疲れ様でした!

これはスルメですねーかめばかむほど味が出そう、特に序盤〜中盤にかけておっしゃられるようにロックっぽいというかリズムが強化されてるように感じました。いい意味でいりじゃこさんぽくない印象でしたねー原曲も結構聴いてるはずなのに結構フィーリングが変わった印象を受けました。上手く伝えれないのですがw

夢の細道がまたにくい場所におきやがった!!!

Posted by 機材 at 2008年06月23日 02:26
機材様、
早速聴いて下さってありがとうございます!
スルメとは何ともうれしいお言葉。
> リズムが強化
EQとコンプの新しい使い方をちょっと覚えたかもw
うん、でも一曲目は眠い前のミックスも好きだったりする。
Posted by いりじゃこ at 2008年06月23日 03:39
いっいつのまに!w

ちょっと8曲全部ダウンロードするの大変でしたけど、今聞いてます。
なんだか機材さんおっしゃってるように前よりリズム音が立ってて、眠い感じがなくなったようなw
贅沢を言うと、歌詞カードがあるといいなあ。デジタルでもpdfでもどっちでもいいけど・・・。mp3ファイルに歌詞って埋め込みできませんでしたっけ?
Posted by あすなろ at 2008年06月23日 11:31
あすなろ様、

ダウンロードして聴いて下さってありがとうございます! 

そうですねー。一括ダウンロードできるといいのですが、Seesaa ブログは一つのファイルの大きさに制限があるので不可能でした。ごめんなさい。

> 眠い感じがなくなった
安眠用がセールスポイントだったのに、これはまずったのかなーwww でも新鮮味があったなら幸いです。

か、歌詞ですか…。リクエストありがとうございます。実は今となっては恥ずかしい歌詞やどぎつい歌詞もあったりして、逃げ腰ぎみなのが本当のところでして…。やったことはないのですが、確かにmp3にも入れられるようですね。歌詞カード、抜粋でよろしければ検討してみます。
Posted by いりじゃこ at 2008年06月23日 16:43
はじめまして。ニコ動のコメントでブログされてることを知ってたどり着きました。

アルバム化されるとは素晴らしいアイディア!
統一感があって通しで落ち着いて聞けます。久しぶりにDowntempo系に回帰しました。歌詞改めて拝見させて頂きましたが意味深で曲の雰囲気を引き立ててますね。

ちなみに、今のところ一番のお気に入りは「愛の洗脳者」です。薄明るい雰囲気と、しっとりとした歌と、トランペットっぽい(?)伴奏、間奏のノスタルジックな音色のメロがGOODです。泣けてきます。
ちなみに、二コ動のこの動画の市場に大好きなアルバム「GlobalUndergroundAfterhours」を加えさせて頂きましたが、この曲を聴いた時、このアルバムを聞いた時の興奮が蘇りましたよ。
(GUとかご存知ですか?)

ニコ動的にはニッチなジャンルだと思いますが、今後も是非素敵な曲を宜しくお願いします。

アルバム、聞き込ませて頂きますね。
あー、このアルバムでぐっすり眠れそうです(^_^)。

では失礼しました。
Posted by ddh at 2008年06月25日 01:50
ddh様、
お聴き下さいまして、そして身に余るうれしいコメントをありがとうございます!
それほどたいしたもの作っておりませんので、もったいないコメントに恐縮です。

特に統一感を感じて下さったと言うお話、アルバムと言う形にした意味があったと安堵しました。(意味はパズルのように後付けなのですが。)

歌詞は本人ほとんど何も考えていませんが、意味深で曲の雰囲気を引き立てていれば願ってもないことです。ありがとうございます。

「愛の洗脳者」はフランスのAirみたいなポップな曲が作りたいな、とふと思い立ち、でも耳コピとかも何もしないで、記憶のイメージだけで作ってみたような次第です。

「GlobalUnderground」は存じ上げませんでした。教えて下さってありがとうございます。TrickyとかBoards of Canadaとかも入っているのですね。そのような大御所のコンピレーションと比べて頂いて何だかとて畏れ多いです(汗)。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
(お名前間違えていました。失礼いたしました。)
Posted by いりじゃこ at 2008年06月25日 05:33
さっそく歌詞カードが!
ありがとうございます。顧客対応の早い企業は消費者の好感度高いですよ!w

やっぱり歌詞カードは絶対あったほうがいいですね。「この曲ってこんなこと言ってたんだ?」っていう発見がかなりありました。

Air!いいっすよねー。とにかく曲が良い。Surfing On A Rocketとかもう芸術でしょコレ?って感じ。声とかたたずまいとかどことなくフリッパーズっぽいのがネオアコ厨の琴線に触れますw
Posted by あすなろ at 2008年06月26日 00:48
> あすなろ 様、
どうも。高感度アップに日々精進中のいりじゃこですw

あすなろさんを始め、皆様まさかこんなに真剣に向き合って聴いて下さるなんて、すごく感激しています! 正直なところ、全然期待していなかったものだから…。改めて皆様にお礼申し上げます。

やっぱりアルバムにしてほんとに良かったです。30分間余りも自分ワールドに皆様をご招待するなんて、何とももったいない、うれしい話です。やっぱりニコ動では伝わらない空間があるんですよね。どうにも変な世界を作ってしまったものですが、それを他の方と共有できたと言うことが、とてもうれしいし、さらなる制作に自分を勇気付けてくれます。

あすなろさんはかなり歌詞に注目される方ですよね。発見って何でしたか、興味あったりします。

Air は皆がわいわいやっている時にかけても絶対はずしませんねー。インスピレーションと言うことで、全然及びも付かないのは愛敬と言うことで…www

Posted by いりじゃこ at 2008年06月26日 05:44
CDに焼いて聴いてますよ。
とても気持ちいい音です。
それ以外、何にもいえません!

と書きつつも、蛇足を。
中でも「愛の洗脳者」の音が
以前のバージョンより際立ってて
クリアな印象を受けました。

無機質で感情のないボーカルがミクにあってて、
これは逆にミクに歌わせるべき曲
だなぁと思いました。(これは他の
曲についても言えますが)

私個人としては人間の歌手の代用品として
ボーカロイドを使った曲ではなく、
ボーカロイドの声質を生かした楽曲の方が
好きなので、いりじゃこさんの方向性は
改めて素晴らしいと思いました。
Posted by sansui at 2008年07月04日 13:58
> sansui 様、

とても嬉しいコメントをありがとうございます!! sansui さんにCDに焼いて頂いて聴いて頂けるなんて、もったいない、とても励みになります!! アルバム宣言して良かったと思いました。

ボーカロイドの使用コンセプトに関しては、私自身は人間の歌手の代用品としての平凡な発想しかなくて、付いて来た説明書に書かれているようなことしかやっていないのです。ただ、元々ウィスパーボイスな歌唱法を想定しているのと、不精にあんまりパラメータをいじらないので、結果的に無機質が際立つのかも知れません。

sansui さんのように歌手とシンセ音源の間を自由自在に行き来するような使い方を拝見すると、お題を頂戴した感じがして、自分の使い方に疑問も湧くのですが、じゃあどうすればいいものかと言うと、今一つ考えがまとまりません。

私自身は「水底の私」の人間バージョンを聴いてみたいなあなんてことも夢見ていて、まさか誰も歌わないだろうけどカラオケ上げてみようかな、なんて誘惑に時々駆られるのですが、一方でそうですね、人間が背負うとシンプルで抽象的な歌詞が薄っぺらく感じられて、かえってリアリティがなくなるかもなあ、なんてことも考えますね。
Posted by いりじゃこ at 2008年07月04日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。