2010年06月08日

Impulse Generator

Max for Live で作ったinstrumentを試しに上げてみます。
ImpulseGenerator.zip
中身はスパゲティ配線です。すみません。ちなみに当方の環境はMacです。
このシンセは周期的にインパルスを発生する関数をコサイン波の和で合成していて、まるでフーリエ変換そのものみたいです。
cossum.png
有限なので基本周波数f Hzのn倍まで足してやります。voices と言うのがこのnを調節するパラメータです。サンプリング周波数が44.1kHzの時はナイキスト周波数が22.05kHzなので、n=32の時はf=689Hz(F4のキー)でこれを超えてしまいますので注意が必要です。
chromaと言うのはこれらのコサイン成分の重みを変えるパラメータで、音色が変わります。

(参考文献)
Microsound

Microsound

  • 作者: Curtis Roads
  • 出版社/メーカー: The MIT Press
  • 発売日: 2004/09/01
  • メディア: ペーパーバック


Chapter 4 : Trainlet synthesis
posted by irijako at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

最近の自作 Pluggo vst プラグイン

「癒し屋の女」で使った自家製 Pluggo vst plugin を置いておきます。



続きを読む
posted by irijako at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

純正律自分メモ

手に取った音楽理論の本は純正律に関するパート1が終わったところで頓挫してますw まあ後はたぶん読まないで放り出すんじゃないでしょうかw いろいろなチューニング試し出してからさっぱり曲ができなくなりましたw 自分の好きなハーモニーってやっぱりだいたい決まっていて、それから離れると曲を作るモーティベーションが一気に下がる感じがします。

それからやっぱり自分は五線譜とかって嫌いですね。線の数数えなきゃ読めないじゃないですかw へ音記号とト音記号の間とかやらしすぎるw ピアノロールの方が数学的にも合理的なんじゃないかと思います。

音楽の伝統は無視して自分なりに純正律(Just Intonation)の音について数学的に??まとめてみようと思います。






続きを読む
posted by irijako at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

グラニュラーとか云々

HMVで買ったSENNHEISER の HD205と言うヘッドフォンをいつも使っているんですが、最近付けたまま音楽を聴きながら寝たりしていたせいか、接触が悪くなって、とうとう今やたぶんプラグ付近で断線しているんじゃないかと思います。出力がモノラルになってボーカルとかベースがキャンセルされています。最初聴いた時はパソコンが壊れたのか自分の耳が壊れたのか、って思い、恐怖しましたw ってわけで"I hear you"はスカイプ用のヘッドフォンでミックスしました。そっちの方がいい、って言われるかも知れないですがwww パーツ屋行って、プラグ買って来ようっと。うまく直せなかったら同じの買います。


続きを読む
posted by irijako at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

今更だけど、音楽理論の勉強始めた

ついこの間、音楽理論なんか勉強することは将来にわたってないだろう、みたいなことを書いたばかりだったが、舌の根も乾かないうちに、音楽理論の本を読み始めてたりする。



続きを読む
posted by irijako at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

調性について少しばかり書いてみる

私は音楽理論なんて、元々信じていないこともあって、勉強したことないし、これからもたぶんしないと思います。そもそも何でそうだったかと言うと、音楽と言うのは価値の選択を伴うことであり、それを理論化する行為に神学みたいなものを直感するからです。私は自由に感覚的に音楽やってるだけの人間です。だから、今回のテーマは実はちゃんと紹介できないんです。

それでも、感覚的な人なりに、調性(or調律?)について書いてみたいと思います。あまりにも感覚的過ぎて自分でもどういうことなのか混乱しているので、自分の考えを整理して行く意味で、とりあえず書き始めてみます。

本人ナイーブなので概念の理解や用語等、誤りが多々あると思います。コメント欄等で、ご指摘くだされば幸いです。

なお、この記事に伴って、MicroRe-tunerと言う自作pluggoの使用方法に関して、少しばかり補足しましたので必要がありましたらご覧ください。
http://irijako.seesaa.net/article/102690297.html


続きを読む
posted by irijako at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

マイクロチューニング(続き)

取り乱して失礼しました。Live のサンプラーでもInstrument Rackを使うとマイクロチューニングのようなことができるなあ、とふと思ったのでメモ。ちょっとめんどくさいけど、一音階ずつ、transposeとdetuneでチューニングした音を割当てていきます。テンプレ化できたら悪くないのだけど、音色を換えたらまた一つ一つ割当てる必要がありそうなのが難儀なところです、

InstrumentRack.png
posted by irijako at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MicroRe-tuner

以前、自作のPluggo をアップすると約束したのでそうします。

続きを読む
posted by irijako at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

マイクロチューニング可能な音源?

某所にまた空気の読めない書き込みしてしまいました。すみません><><
でもマイクロチューニングはすごく面白いんです><><
流行るといいなあとか。
使われた曲をもっと聴いてみたいんです。

幾らかの方が興味をお持ちのようなので、マイクロチューニング可能な音源を探してみたのですが、なかなかないものですね。

こちらのvstiの多くが対応しているみたいです。
http://www.dskmusic.com/blog/
フリーウェアみたいなのですが、winのホストがないので確認できません。実はつまんなかったらごめんなさい。どんな感じかコメント欄ででも教えて頂けると、他の方にも役立つのではないかと思います。

Pluggo Junior で検索して来られる方がいらっしゃいますねw すみません。ちょっと手直ししたいです。マイクロチューニング可能なへボシンセとかはだめですか、やっぱり…。
posted by irijako at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

音作りについて

畳みました。続きを読む
posted by irijako at 08:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 音作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。