2009年07月14日

yplさんの"Tuonela"に等身大の彼岸を見る



アヒルアルカナのCDをPENちゃんさんのおかげで幸運にも手にすることができて、その中に収録されていたこの曲を耳にした時に今年いちばんの衝撃を受けました。マーラーの交響曲を初めて聴いた時みたいに、うねりのように押し寄せてくる情念に圧倒され、そのスケールの大きさに畏怖のようなものを感じました。それでいてこれはあくまでもyplさんと言う等身大の一個人から発せられる音楽だと思いました。
音に関しても、これは全く新しい、yplさん独自の音楽のように思いました。彼岸への憧憬と言うことで、僕自身は最初シューゲイザーの文脈で受け取って、それが適当かどうかは確信がないのですが、シューゲイザーでありながらミニマルであることに不意を突かれて衝撃を受けました。シューゲイザーについては僕自身あんまり語れる口ではないのですが、シューゲイザーというジャンル、エフェクトがどうたらとか技術的なことの蘊蓄が垂れ流されて、まるでヘビーメタルの亜種みたいな感じで語る人がいたりで、ノイズの派手さを競い合っている様子に絶滅前の恐竜みたいな印象を持っていたのですが、逆に無駄な音を削ぎ落とす、シンプルな方に進化すると言う発想はなかったので、度胆を抜かれました。派手な超人的技術を競う代わりに、一つ一つの音を丹念に吟味して選り抜かれているように思いました。たとえば途中でチャカチャカ鳴っている何気ないハイハットのような音が地味にとてもいい仕事をしているように思います。
死生観のような根源的なテーマに向き合いながら、yplさんは既存の宗教などに絡め取られことなく、ご自身の見つめられる生と死のイメージをご自身お一人の言葉で凜として表現なさったんだと思います。彼岸の世界を描くと言う、超人の仕業のようなことを、yplさんと言う生身の、身の丈の人間の方が、織物を織り上げるようにして成し遂げられたことにとても感銘を受けると共に、yplさんお疲れ様でした、今はどうぞゆっくりお休みになってくださいと申し上げたいです。

アルバム"Garbage Collection"の方も必聴お勧めです。


こちらからダウンロードできるようです。
http://yplmusic.bandcamp.com/

posted by irijako at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浸蝕(ニドヘグリミックス)

先日コメント欄でお知らせ頂いたんですが、邪界ニドヘグこと時刀純さんが「浸触」をリミックスしてくださいました。時刀さんはアングラカタログ2で僕の一つ前に収録されていらっしゃたので、一つ上のお兄さんみたいな親近感を勝手に感じていたんですが、ついこの間時刀さんのブログで僕の記事を言及してくださっているのを発見して、ようやくコメント欄にお邪魔してきました。Macで使えるグラニュラー合成のソフトを探していらっしゃったみたいなので、Cycling74のサイト経由で見つけたものを自分ではろくに確かめもしないでお伝えしたのですが、実際に使いものになるかどうか全く不明で心配でした。もしこのリミックスに使われたのでしたら、きっとそれはいい感じで使えていると言うことですね! 
原曲よりオウテカっぽくてかっこいいのは反則です。リミックスなんてして頂いたのは初めてなので、とても嬉しいです。ビデオの方も音楽にシンクロしていて何気に凝っていますね。時刀さん、本当にありがとうございました!

posted by irijako at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

桜の樹の下

すごく感激しました。この絵とても気に入りました。
さらさん、ありがとうございます。

桜の樹の下 powerd by ピアプロ

(追記)
うはっ! 他にも描いて下さっていたんですね! ! とてもうれしいです。

ごはんたべにいこうよ! powerd by ピアプロ
posted by irijako at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

hidekaさんのアルバム(…そしてちょっとコラボ)

実はマイスペースもこっそりやっています。
http://www.myspace.com/irijako
ちょうど一年前に始めた頃は、張り切ってマイフレリクエストして回っていたのですが、あちらでも僕みたいなのはどうやら人気者には成れないらしいことがよくわかったのでwww、最近は草ぼーぼー放置状態でして、他人様に見せられたものではないので、この上にあまり他人様を呼んでこないようにしていますw

そんなマイスペースの数少ないまいふれさんである hidekaさん
http://www.myspace.com/hidekamusic
がファーストアルバムを完成され、2月4日に全世界に向けてリリースされました。
おめでとうございます!!!
かっこいいシューゲイザーのアルバムです。光の音楽と言った感じがぴったりの音です。
http://www.lcprecords.com/archives/200811/272240.php
iTunes Storeからダウンロードできますので、皆さんよろしかったらお聴きになってください。どの曲もすごくかっこいいです。ちなみに僕は "Brain To Dream Of" と言うサイケな曲が大好きです。

続きを読む
posted by irijako at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

Dance Music Manual


Dance Music Manual: Tools, Toys and Techniques (ペーパーバック)
Rick Snoman (著)


まだぱらぱらとページをめくっている程度なのですが、なかなかいい本なので紹介してみます。本家AmazonやUK Amazonでは初版に5つ星レビューがずらりと並んでいるのが、実に壮観です。
"Dance Music Manual"と言うタイトルで引かれるかも知れませんが、実際の内容は僕のブログをわざわざ覗いてくださるような、音楽制作に興味を持たれるすべての方にお勧めしていいと思いました。〜そう言えばダンスミュージックそのものを作っていらっしゃるような方って、僕の近辺にはあまり見当たらない気もしますね。
何でこう高評価なのかと言うと、いろいろ理由があると思いますが、僕としては内容が充実していることもさることながら、やっぱりテーマに対する著者のスタンスが好感持てました。こう言う音楽のハウツー本は、つい音楽はこう作らなければならない、みたいな語り口になって音楽の可能性を限定してしまいがちなんですね。〜音楽がレシピ一つで語られてしまったら世話なくて、それはむしろそのジャンルが既に死滅していることの証になるかと思います。ところがこの著者は、音楽制作には実験することの恩恵が非常に大きいのだと言う信念を前書きにも強調していらっしゃることからも伺い知れるのですが、押しつけがましくないのです。これはよくできたお料理ハンドブックみたいなものですね。基本的なレシピや、知っておくと役に立つポイントみたいなものは押さえてあるのですが、あとはご自由に、美味しいものを作るのはあなた次第ですよ、みたいな書き方なのです。我流の料理を作りたい人も、よくあるタレの味付けを自分の料理に応用してみたくなって、あれってどうやって作るんだっけ、みたいに思うことはあるでしょう。
具体的にはどう言うことが書かれているかと言うと、コンプやEQの使い方、ミックスダウン、マスタリングのtipsは元より、ある特定のジャンルでよく使われるキックやスネアやベースの音をsubstractive synthesisでどうやって作るか、とか言う話や、ハウス、トランスからドラムンベースやアンビエントに至るまで、各ジャンルの音楽の基本構造やどんな音がよく使われるかを解析してみせています。たとえば僕はサイン波ベースを好んで使うのですが、どうやってそれにアタック乗せるかは結構悩みの種だったりです。そうした話題が結構な行数を割いて書かれていたのは驚きだったし、たいへん有難かったです。
ちなみにこれはプロフェッショナルな制作に向けて書かれた書籍です。日本でだったらこの手の書籍は"DTM"と言う言葉を被せて出版されるのでしょうね。"DTM"と言う言葉はほとんど日本でしか使われていません。よくわかりませんが、たぶん「ミュ〇ジ郎」や「Hello M〇sic!」なんかのマーケティングを通じて広まった言葉なんじゃないかと思います。ウィキペディアでデスクトップミュージックの項を開けて、そこから英語のリンクを辿ると、"Computer Music" の項に跳ぶようになっています。もちろん二つの言葉から受ける印象は全然違いますし、実際に書かれている対象の内容も全然異なっています。僕はむしろ"Electronic Music"にリンクするのが正解だと思いますが、とにかく、海外では"DTM"と言う言葉は一般的ではないと言うことです。それで、僕は"DTM"と言う言葉には人々をホーム・コンシューマーのレベルに閉じ込めておくような、卑しい響きを感じるので、あまり感心しません。無理に卑屈になるのでなければ自分からはあまり使わない方がいいような気がします。自分はプロみたいな音は決して作らないよ、と最初に自分から放棄宣言してしまっているような感じがします。その辺は意識せずに境界自由に行き来したらいいんじゃないでしょうか?
posted by irijako at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

今週のたまらん音

うわぁ、これはたまらん音です。中毒になります。mp3ほすぃです><


「全然NEU!っぽくない」そうなので余談ですが、Neu!と言えば受験生だった時に友達からディスクを借りて、妙に印象に引っかかって延々聴いてましたね。聴きながら諸星大二郎の漫画とか読んでいたような記憶が。あと、最後の曲を聴きながら月面に取り残された宇宙飛行士が地球を見ている絵の落書をノートにした覚えがありますw
posted by irijako at 08:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

オヤスミサラウンドのアイマス

引退宣言したはずの機材さんがブログで興奮して書いていたので見てみたけど、うはー何これ。



アイマスとかって何それ?って感じのオッサンですが、単純に思いっきし感動した。
こんな神秘的な演出、3Dの舞台ではあり得ないな。
消えたり、シルエットになったり、めくるめく魔法の世界。
ミクも人間でなければ、踊ってる彼女らも人間じゃないな。
妖精が歌い、踊ってる。
光と影が揺らぐような音楽に合わせて、少女が織りなす光と影が揺らいでいる。
今までに見たことのない未知の美しさを体験したんだと思いました。

今だから正直に言うと、僕はこの頃の機材さんの曲がいちばん好きだったりする。「タユタイリバーブ」と「オヤスミサラウンド」と「ハッピーフロウ」は機材さんの三大傑作だと思ってます。
そんな名曲を聴いた時の興奮がこのすごい映像で倍増されて蘇えってきました。
ニコ動クリエイターたちにブラボー!!!なのです。




posted by irijako at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

これはストライク

素晴しいです…動画も曲も言葉も世界観もみんなすべて。
ミク曲で泣いたのは初めてだ。
実写映画のこう言うシーンとか大好きなんですよ。
空気を共有すると言うか。
posted by irijako at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

ぎとさん、hitsujiさん、機材さんの動画

今さらですが、せっかくですから先日コメントを下さったご三方の作品を貼っておきます。お勧め。

ぎとさん


hitsujiさん


機材さん







posted by irijako at 05:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sansuiPさんのCD"Compact Disco"

sansuiPさんがボーマスで自主制作CDを販売されると聞いて、これは欲しいな、でも行けないなあ、などと思っていたら、さるご親切な方がわざわざ出向いて買ってきてくださいました。かたじけない。手に入れられなかった方も多数おられるそうなのに、ほんとにごめんなさい。おかげで今リピートして聴いています。



http://d.hatena.ne.jp/softpunk/20080917

これ、ほんとにいいです。タイトルが"Compact Disco"となっていますが、実際リズムが立ってて踊っちゃいます。添付されているsansuiPさんの解説に「光ディスクという実体にデータを焼き付けることで、あやふやで不定形だった音の束が、やっと一つの塊になれた気がします。」と書かれているのですが、sansuiPさんの音をこうやっていい音で聴くと、ニコ動では見逃していた音のテクスチャのディテールが見えてきて、細かい音の粒がキラキラと輝いているようです。フィルターの妙技を駆使されたsansuiPさんの音は一聴すると柔らかいアナログシンセの音のようなのですが、その実体は初音ミクの声をサンプリングしたデジタルサウンドなんだってことを、改めて意識しました。ソフトな音の中に時折ざらっとした猫の舌で削られるような感覚が現われてこれがまた気持ち良かったりです。

そしてあの時田さんの独特の雰囲気のイラストがエンベロープと解説、CDラベルを飾っています。時田さんの絵はsansuiPさんの音楽にとっても似合いますね。ちょっぴりイジワル、どこか達観的、ほのかなエロチシズム。それがお二人の初音ミクへの捻れた、でもほんとは深い愛情表現みたいです。アルバムを通しての統一感が素敵です。sansuiPさんの音楽はせわしいニコ動とかより、こうやってsansuiPさんの世界にずっぽり浸って聴かないと勿体ないですね。

CDを手に入れられなかった方は現在sansuiPさんが委託販売を検討していらっしゃるとのことですから、首を長くしてお待ちになって下さい。一足お先にすみません。

posted by irijako at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

アングラカタログ面白過ぎ

拙曲も紹介して頂いてお世話になったアングラカタログですが、もう第7集まで出ているんですね。





音楽的にもサブカル的にもすごく面白いです。特に最近のはアブない方にヒートアップしていて、うわぁって感じです。世の中にはまだまだいろいろな人がいて楽しいなあと思いましたwww 独特の個性を持った人に出会うと言うのは、どことなく勇気付けられることですね。 sansuiP さんを始め、アドメニ母ゆーこナリキリんさん、はぐれミク後期印象派さん、お疲れ様です。素敵な選曲をありがとうございました。

今のニコ動はどんなすました音楽雑誌とかより、よほど面白いと思うのですが、それはやっぱり上手な人もいれば始めたばかりの人もいて、裾野が広いからです。自分がミクを始める前にも、素朴にとても面白い曲を作っていた人たちがちらほらいたのですが、コメントする人たちが寄ってたかってああしろこうしろとアドバイスして「普通に」「上手な」曲を作るように誘導してしまいました。あの頃にもアンダーグラウンド・カタログがあれば、あの希有の感性や才能は保護されて暗黒面に引きずり込むことができたのにと悔やんでみたり…。
posted by irijako at 02:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

機材欲しいPさんのミニアルバムがすごい

お付き合いとかでやっているとキリがないから、他の方の作品の紹介は当面見送ることにしていたのですが、でももうこれはご紹介させて頂かざるを得ません。

機材欲しいP 「36.5℃」

一曲目は


スクリプトで全6曲を順に巡れます。

どの曲も本当にいいのですが、とりわけ私のお気に入りは「セピア」と言う曲です。急がれる方はせめてこの曲だけでも試しに聴いてみて下さい。


何だかこの方にはもう他の人を凌駕する圧倒的な才能を感じます。音色、ポップセンス、オリジナリティ、全てにおいて卓越している鬼才ですね。こんなカラフルな音楽を聴いたのは久しぶりです。そして人気者になっても媚びないで自分の音楽を貫かれるところなどにも惚れました。

ニコニコ動画はもう世界に誇れる立派なロックシーン/アートシーンであると確信しました。そこでは確実に何かが変化しています。機材欲しいPさんが語られる言葉を伺っていると、実際にアート的な表現を意識してやっていらっしゃるに違いないと思います。それは私がやりたい方向とも一致していて、全力で応援したいです。
posted by irijako at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。