2010年05月03日

深層風景2010

インストです。





Creative Commons License
posted by irijako at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

【ニコニコインディーズ】桜の木の下に

ご無沙汰しています。
yplさんと念願のコラボをさせて頂きました!


posted by irijako at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2010年なんて永遠に来ないと思ってた

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ひと昔前にたわ言を書いてはみたものの、やっぱり公開するのをよそうと思って、非公開にする代わりに、公開日時を2010年の1月1日に設定して放置いたらしく、さっきサイトを見たら思いもかけない恥ずかしい文章がトップに上がって来てて赤面しました。
あわてて隠しましたが、ご覧になった方失礼いたしました。ごめんなさい。
posted by irijako at 11:38| Comment(8) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

「道行#1」

インスト曲を上げました。

旧年中はたいへんお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。




Creative Commons License
posted by irijako at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | mp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

「空から落ちて」


ニコ動に上げてる分はちょっと残念なバージョンなので、今さらですが修正版にして上げ直すかも知れません。

Creative Commons License

(追記) 12/31 19:55 Version 3 と差し替えました。
ニコ動にも改訂版上げてきました。前バージョンは勝手ながら公開停止にさせて頂きました。
posted by irijako at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | mp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

「我は野に出でて」「音信普通」

「我は野に出でて」

「音信普通」


Creative Commons License
posted by irijako at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | mp3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ピリピリチキンズ「前方確認」



ピリピリチキンズの新曲です。今回はぎとさん(アンテナP)が新たに加入して、リズムトラック及びミックスを大々的に担当。ぷれいらさんがミクのラップ、僕は地味にシンセ弾いてますw さらさんのサムネが素敵!
posted by irijako at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ピリピリチキンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ビニールの部屋に生まれて(クアッドコアミックス)

「ビニールの部屋に生まれて」のリミックスです。矢印さん、sansuiさん、これはグッジョブです!
原曲よりさらにいいんじゃないかと思います。皆様聴いてください!
posted by irijako at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サンスイリジャコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

ビニールの部屋に生まれて

サンスイリジャコの新曲が出ました! 既に聴いてくださった皆様方、ありがとうございました。

何よりも白熱灯さんのサムネが本当に素晴らしいのです。無機質な感触の閉ざされた空間に横たわるルカさんが何ともエロチックで、この曲にこれ以上の絵は望めないです。つま先がつつつ…と反り返っているところまで、何ともエロチックですね。イヒヒヒ。

mp3はサンスイリジャコ洞にて配布しています。
posted by irijako at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サンスイリジャコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

yplさんの"Tuonela"に等身大の彼岸を見る



アヒルアルカナのCDをPENちゃんさんのおかげで幸運にも手にすることができて、その中に収録されていたこの曲を耳にした時に今年いちばんの衝撃を受けました。マーラーの交響曲を初めて聴いた時みたいに、うねりのように押し寄せてくる情念に圧倒され、そのスケールの大きさに畏怖のようなものを感じました。それでいてこれはあくまでもyplさんと言う等身大の一個人から発せられる音楽だと思いました。
音に関しても、これは全く新しい、yplさん独自の音楽のように思いました。彼岸への憧憬と言うことで、僕自身は最初シューゲイザーの文脈で受け取って、それが適当かどうかは確信がないのですが、シューゲイザーでありながらミニマルであることに不意を突かれて衝撃を受けました。シューゲイザーについては僕自身あんまり語れる口ではないのですが、シューゲイザーというジャンル、エフェクトがどうたらとか技術的なことの蘊蓄が垂れ流されて、まるでヘビーメタルの亜種みたいな感じで語る人がいたりで、ノイズの派手さを競い合っている様子に絶滅前の恐竜みたいな印象を持っていたのですが、逆に無駄な音を削ぎ落とす、シンプルな方に進化すると言う発想はなかったので、度胆を抜かれました。派手な超人的技術を競う代わりに、一つ一つの音を丹念に吟味して選り抜かれているように思いました。たとえば途中でチャカチャカ鳴っている何気ないハイハットのような音が地味にとてもいい仕事をしているように思います。
死生観のような根源的なテーマに向き合いながら、yplさんは既存の宗教などに絡め取られことなく、ご自身の見つめられる生と死のイメージをご自身お一人の言葉で凜として表現なさったんだと思います。彼岸の世界を描くと言う、超人の仕業のようなことを、yplさんと言う生身の、身の丈の人間の方が、織物を織り上げるようにして成し遂げられたことにとても感銘を受けると共に、yplさんお疲れ様でした、今はどうぞゆっくりお休みになってくださいと申し上げたいです。

アルバム"Garbage Collection"の方も必聴お勧めです。


こちらからダウンロードできるようです。
http://yplmusic.bandcamp.com/

posted by irijako at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。